ガリュード・ビア・ヴラッツェン     51歳
身長 182cm  体重 84kg
―――NPCのため信頼コマンド無し―――
出演作品  『聖霊機ライブレード』
 ヨークの騎士で、同じくヨークの騎士シエル・レン・ヴラッツェンの父親。アガルティア最強騎士を意味し、世界で三人しか名乗ることを許されない”剣煌(けんこう)”の称号と、 騎士の最高位である”幻聖”の位を持ち”剣煌幻聖”と呼ばれるヨークの騎士。 軍事力が皆無といってもよいヨークが今まで無事だったのはガリュードの存在によるところが大きく、かつて、ひとりでジグリム軍二個大隊 を敗走させたこともある。(ゲリラ戦だったようではあるが)。

身の丈の倍ほどもある長大な剣を操り、生身でも装兵機に勝る実力を持つ。実際に本編でスクラップ同前とは言え装兵機ミレオンを真っ二つにしたり、バルアミーを叩き斬ったりと人間離れした力を発揮していた。 彼と対等に戦える人間は、同じ剣煌のマリエ・クリスティル(未登場)だけと言われているが、剣煌を持つ騎士で人前に姿を出しているのはガリュードだけであるため、その存在は大陸最強と言える。

ちなみにクロンデェム鉱山が割れて出入りできるようにしたのはガリュードが決定したためで、当初は湖を作って、その中から出す計画もあったらしい。 歳の割に茶目っ気があるが、さすがにシエルも呆れていた。

実はシエルとは血が繋がってない事を告白。シエルの素性を隠して育てていたのは彼の祖父がファルマイト王家の古参騎士であり、シエルの母親フィリスを守り脱出するも深手を負い、その意志を彼の父が受け継ぎ、そしてガリュード自身が受け継ぎ秘密にしていたから(ゲーム中より抜粋)。 シエルを本当の娘のように愛してはいたが育て方に少々問題があったの自覚しているようである。愛機は先代剣煌から譲り受けた装兵機とは思えない力を持つベーゼンドルファー。  

『"血"ではなく"志"こそが重要なのだ』